各症状と施術例

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは?


一般的に背骨である脊柱は24個の椎骨で出来ており、椎骨と椎骨の間にある背骨にかかる衝撃をやわらげるクッションの役割をしているのが椎間板です。

椎間板は水分を多く含む弾力性のある組織で、中心にはゼラチンのような弾力性のある髄核(ずいかく)があり、周りを守るように繊維輪(せんいりん)というコラーゲン繊維がらせん状に層を作って背骨にかかる負担や衝撃を分散させる役割をしています。

ヘルニアとは突出する(飛び出す)という意味で、加齢や椎間板への強い力・ストレスがかかることで椎間板の内部圧が上昇し、髄核が繊維輪を突き破り、突出した状態を「椎間板ヘルニア」といいます。

 

症状

腰椎(腰部)に起こるケースが多く、頚椎(頚部)に起こることもあります。
腰椎に椎間板ヘルニアが起こると腰痛や腰のシビレ、筋力低下、お尻、ふともも、足へのシビレなどの症状がでます。

代表的な症状は間欠性跛行といって、しばらく歩くと足に痛みやしびれを生じ、少し休むとまた歩けるようになる症状です。
頚椎の場合は、手の痛みやシビレなどの症状がでます。

腰に負担をかける仕事をされている方、立っている時間が長い方などに多く見られます。
 
 

原因

脊柱には3つのカーブがあり、頚部の前彎、胸部の後彎、腰部の前彎。

椎骨はこのカーブがある状態の形状になっており、クッションである椎間板も合わせた形状になっています。

姿勢の歪みかカーブがなくなり、椎間板内の圧力が偏った形でかかることにより突出するケースが多く、他には骨の変形によるカルシウム沈着、靭帯の骨化などの場合があります。
 
 

改善方法

病院等ではヘルニアのグレードを評価し、軽い場合は経過観察、痛みが強い時はブロック注射など痛み止め。ひどい場合には切除手術など。
ただ、手術をしても再発するケースもあります。軽度のものは何もしなくても自然治癒することもあります。

カイロプラクティックでのケアはヘルニアの起こっている関節に直接アプローチすることもありまりますが、背骨のカーブをつけることにより、椎間板への偏った圧力を減らし、自然と突出した部分が元に戻りやすいようにします。

ただ、ヘルニアのグレードやヘルニアになった原因によってはカイロプラクティックが適応できないケースもあります。
椎間板ヘルニアで悩んでいる方は早いめのケアをお勧めします。ご相談だけでもお気軽にお越しください。