各症状と施術例

ぎっくり腰

ぎっくり腰の特徴


ぎっくり腰は、急性腰痛症と呼ばれ、腰部に激しい痛みが走る症状で、関節捻挫、筋肉の損傷、筋膜性炎症などの症状をいいます。前兆もなく急に起こる強い痛みから、西洋では「魔女の一撃」とも呼ばれています。

重いものを持ち上げた時になるイメージですが、他にも朝に布団から起き上がるとき、腰を軽くひねったとき、くしゃみをしたとき、顔を洗っている時など、ちょっとしたきっかけで起こることもあります。また内臓系の疾患からも発症することがありますので注意です。

ぎっくり腰は適切な治療を行っておかないと、必ず再発します。筋肉の疲労やストレスなども大きく関係することから、仕事が忙しい時や大切な日が近い時などに発症しやすい嫌な症状です。

 

ぎっくり腰になったら以下のことに気をつけましょう。

1.安静 

できるだけ安静にする。仰向けで膝を曲げて寝たり、膝の下にクッションなどを入れて寝ると楽になる人が多いですが、一番楽な姿勢で寝て安静にすることが必要です。

無理に体を動かそうとすると痛みを出している筋肉の部位が広がり、回復が遅くなることもあります。

仕事などでどうしても動かないといけない場合などは、さらしやコルセット、腰痛ベルトなどで固定して腰の筋肉への負担を軽減させます。

2.冷却

ぎっくり腰の時の対処でよく起こる間違いとして、患部を温めることです。お風呂で長時間温めたり、カイロを患部にあてたり。ぎっくり腰の時は筋肉や神経が過剰に働き、炎症を起こしている状態。患部を触ると熱くなっています。

わかりやすく言えば、風邪を引いた時、熱が出るのと同じ状態です。風邪で熱が出たときには額や脇など冷やしますよね?温める人はいないと思います。

ぎっくり腰が発症したときは冷やすことが大事です。ただ、長時間冷やし過ぎると血行が悪くなり、筋肉が硬くなってしまい逆効果の場合もあります。

通常2~3日で回復することが多いですが、長引くと1週間~10日かかる人もいます。

放置せずに、ぎっくり腰が出たときは無理をせず安静にし、体を動かせるようになったらカイロプラクティックのケアで、回復と二度と出ないように定期的に背骨や姿勢の矯正をすることをお薦めします。